原因




あなたは股関節の痛みの原因をご存知ですか?
色々原因について語られている股関節の痛み・・・

実は乳幼児の頃の股関節の異常が大きく影響しているのです。

子供に最も多いとされる単純性股関節炎。
3歳から12歳の男の子に多く見られる病気です。



単純性股関節炎とは?

風邪を引いた後などに3歳から12歳の子供さんによく見られる症状であることから、
免疫に関係している疾患であると考えられています。

「足が痛い」
「太ももが痛い」

症状を訴えてから歩くのを嫌がるようになります。
膝の痛みをまず訴える子供さんが多いのですが、実は股関節に問題が起きているのです。


がに股になると、特に痛みが大きくなるようです。
股関節に痛みが出た後関節に水が溜まることもあります。

しかし症状が出ているのは10日程度。
後は自然治癒していきます。

この際に気をつけることがあります。
それは単純性股関節炎が実は単純性股関節炎ではなく
化膿性股関節炎であった場合です。

化膿性股関節炎は細菌が入り込んで重篤な病気や成長障害を引き起こす疾患です。
子供の股関節に痛みが出た初期段階ではどちらの病気を発症しているのか特定できません。

ですから子供さんが股関節の痛みを訴えた時点で病院を受診するといいでしょう。


⇒股関節炎について


「変形性股関節症」は子供の頃の股関節異常が原因

股関節の痛みと言えば、変形性股関節症と言われるくらいよく見られる疾患です。
軟骨関節がすり減ってしまって、股関節に痛みが出るようになります。

変形性股関節症は、
子供の頃の単純性股間関節炎などの股関節の異常が原因で引き起こされると言われています。

子供の頃から持っていた素因が加齢の影響で「痛み」となって噴出してしまうんですね。


年齢を重ねると様々な不具合が出るようになるものです。
症状が出た時点でやはり病院を受診して、
病気の芽はすべて刈り取っておくことが健康維持に繋がります。


⇒変形性股関節症について



Copyright(C) 2011 股関節の痛みの原因(病気)と治療・解消法 Allrights reserved.