症状



股関節の痛みは歩行障害などを引き起こしてしまうこともあり、
生活に支障をきたす困った症状です。

場合によっては後遺障害が残ってしまうこともありますから、
股関節に痛みが出たらすぐに病院を受診するようにしてください。

さて、股関節に痛みが出る原因は様々あるのですが
その8割以上が「変形性股関節症」によるもの
だと言われています。



変形性股関節症とは?

変形性股関節症という症状は、
関節のクッションとなっている関節軟骨がすり減ってしまった結果起こります。

中高年以上の女性によく見られる症状です。

痛みが発生するのは軟骨がすり減ることで股関節がズレてしまうからです。
股関節がズレると神経が圧迫されるので痛みが出ます。
これがいわゆる「股関節痛」と一般的に認識されているものです。

股間節痛の特徴

・初期段階
膝・太もも(内側)・お尻に不快感、疲労感が現れるようになります。

・症状が進行した場合
始動時痛が出ます。
(動き始める際に現れる股関節の痛み)

始動時痛が出るようになって更に時間が経過すると
「運動痛」という痛みが止まらない状態に移行します。

股関節は坐骨神経痛と症状が似ているために間違って診断を受けることがありますから、
検査は信頼のおける病院で行うようにしてください。


股関節は進行してしまうと、
歩行障害どころか睡眠さえまともに取れなくなるほどの痛みが出るようになるケースもあります。

早期の病院受診が大切です。



Copyright(C) 2011 股関節の痛みの原因(病気)と治療・解消法 Allrights reserved.